ソーシャル このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンの基礎知識

パソコンはパーソナルコンピュータ(Personal computer)の略でPCと言われて事もあり、個人によって占有する事ができるコンピューターの事です。
もう少しわかりやすく説明すると、様々なデータを取り扱う事ができる機械と言えます。
例えば、PCで音楽再生、画像表示、動画、文章の作成等の事ができますが、これらの事を行なう為には、それぞれのデータ処理している事になるので、データを処理する機械とも言えるのです。
データを処理して表示するのは、ハード、ソフトが必要となり、他にも様々な周辺機器が必要となります。
このように、PCで様々な処理を行なう事ができるのですが、PCによって内蔵されているハードやソフトが違っているので、PCを選ぶ時は、使用目的にあったPCを選ぶ事が大事となります。
パソコンの種類としては、大きく分けてデスクトップ型とノート型に分ける事ができます。
デスクトップ型の特徴は机の上に置くタイプで、本体と画面が別々になっているのが特徴です。
デスクトップ型はタワー型とも言われています。
ノート型は画面とキーボード、本体が一帯なっているタイプで折りたたみ形式で持ち運びができるように軽量化されたPCです。
デスクトップとノート型の性能的には同じと言えますが、デスクトップの方が拡張しやすく、低価格となっています。
そして簡単には持ち運びができないので、盗難される事が少ない事から、企業の業務用として使用される事が多いPCとなっています。
ノート型は軽量化されているので、デスクトップには標準で装備されている機器もノート型には装備されていない事があるので、このような時は、別に周辺装置として購入する事になります。
最近のPCは何でもできると言われており、文書作成や表計算の他にもインターネット、音楽鑑賞や音楽編集、画像や動画の編集や再生、ゲーム等を行なう事ができます。
企業にとっては、様々な職種でPCが使用されており、今ではPCが無いと業務を遂行できない位に普及しています。
個人でも多くの方が所有しているようです。
特にPCとネットワーク接続すると、インターネットで様々な情報を見る事ができ、また、様々なソフトや画像や動画をダウンロードする事ができるので、自分のオリジナルなPCを構築する事ができます。

Copyright (C)2016パソコン用語のここがわからない〜初心者向けIT機器解説WEB〜.All rights reserved.